未病を防ぐ、整体の効果。 その1

三人目の子どもを育てている時に、二回のぎっくり腰、30になったばかりなのに、悲しいかな四十肩で左腕がまったく上がらなくなったことがありました。当時は整体というものも知らず、整形外科へ行くことしか頭になく、レントゲンをとってもらい、骨に異常はないからと湿布を出してもらいました。酷いようなら痛み止めの注射も出来るということでしたが、痛み消してしまうと、無理をして治りが遅くなるともいわれたので、結局は特になんの治療も行わず、何日も湿布をはり続け日にち薬で治したわけです。じっと寝ていれば治りも早いそうですが、小さな子どもを抱えた主婦に寝ている余裕はありません。そんな時、病院併設の鍼灸接骨院に通っている友人が、手術などの治療の必要なヘルニアではなく、ぎっくり腰とか四十肩なら整形外科より、整体に通ったほうがいいといわれ、それから十年近く、肩や腰が痛むときは整骨院でマッサージや整体をしてもらうようになりました。

毎日、ワカメやもずくをたくさん食べたら、髪の毛は黒くなる?

『口コミ・評判』ネイルサロン・美容室など人気のサロンで働いてみませんか?

戦国ixaを販売するならGOEMON

蜂駆除

看板制作デザイン